キャッシング審査について

キャッシング審査について

総合的に見た「キャッシング審査の流れ」について、説明したいと思います。

 

【審査の流れ】

キャッシング審査は、インターネット、窓口(支店や無人契約機など)、電話、郵送などの方法で申請できます。最も便利なのは、インターネットを使った方法です。ネット経由で申し込みをすれば、最短スピードで審査が進められます。

 

無人契約機も「手続きが早い」と言われていますが、最も良い方法は、パソコンで先に申し込みを済ませておき、カードの発行と契約書の受け取りのみ「無人契約機」を利用してお金を借りる方法です。

 

この方法を選択すれば、誰にも会うこと無く、最短スピードでカードが契約できます。キャッシングをお急ぎの方や、人と会うのが苦手な方は、パソコン申し込みを利用してみてください。

 

【審査が速いのは?】

審査が速いのは、消費者金融(のカードローン会社)です。昔から、消費者金融のローンは審査と融資の実施が早いことで知られていましたが、最近では更に「スピードキャッシングに強い」カード会社が増えてきています。

 

特に、三井住友銀行系のモビットやプロミスは、申し込みからカードの受け取りまで、審査のスピードが速いことで知られています。

 

【やっぱり気になる、審査の難易度】

審査の難易度は、カード会社によって異なりますが「難しい順」を金融機関で区別することは可能です。最も審査が難しいのは「銀行のローン」で、次に難しいのは「信販会社のカードローン商品」です。

 

比較的、誰にでも利用しやすいのは、消費者金融のカードローンですが、最もおすすめなのは、銀行の子会社が融資を行う「銀行系のカードローン」会社です。銀行系のカードローンを利用すれば、金利も低く、誰でも安心して利用できます。

 

カードキャッシング(の利用)が初めての方は、ぜひ参考にしてみてください。

キャッシングは安全?

キャッシングの取引を「危険だ」と考える人は、少なくありません。キャッシングは、本当に危険なサービスなのでしょうか?

 

【調査をしてみたところ…意外な結果が!】

キャッシングについてアンケートを実施したところ、危険だと感じているのは「キャッシングを利用したことの無い」方が大半を占めていました。

 

実際に、キャッシングを利用している方の多くは「こんなに安全で、便利だとは思わなかった!」と感想を述べています。

 

【キャッシングは、安全です】

キャッシングは、危険なサービスではありません。クレジットカードには、必ずと言って良いほど、キャッシング枠が付帯しています。クレジットカードが財布に入っているからと言って、危険なサービスを持ち歩いていることになるのでしょうか……?

 

キャッシングに限らず、(どのサービスにも共通するのですが)危険かどうかは「本人の使い方次第」と言えます。

 

収入に見合わないキャッシングを何度も何度も繰り返しては「キャッシングは危険」と感じるかもしれません。

 

しかし、キャッシング自体が悪いのではなく、本人の使い方が問題になるのです。キャッシングを正しく使う限り、危険なことは一切起こりません。

 

【危険なキャッシングとは?】

前の項目でも触れましたが、危険なキャッシングは、収入に見合わない借入をしたり、違法な業者から借入をすることで発生します。

 

残念なことに、インターネット上には、個人間で融資を行う業者(もちろん、違法な業者です)など、貸金業法で規制できない、危険な相手が存在します。こうした相手と取引をしては、年率300%以上を超える「高利貸し」の危険な罠から出られなくなります……。

 

危険なキャッシングをしないためには、取引をする相手は個人ではなく、銀行や銀行系など、信頼できる金融機関を選択する必要があります。

 

【騙されてしまったら?】

ネット上で、見ず知らずの相手から騙されてしまったら、すぐに最寄りの交番や警察署、もしくは市役所(区役所)で相談をしてください。

 

警察署の場合は、直接被害を報告することができ、役所の場合は「被害の相談」を受けてくれるので、被害の拡大を防ぐことができます。

 

また、カードの不正利用や第三者からの不正な使用が見つかった方も、すぐに最寄りの交番や警察署に被害届を提出してください(緊急を要する場合は、電話でも構いません)。